2018.7.13 05:02

世界戦で初!?山中が“ママチャリ出勤” 前日計量一発クリア/BOX

世界戦で初!?山中が“ママチャリ出勤” 前日計量一発クリア/BOX

前日計量後、山中(右)とサルダールは健闘を誓い合った (撮影・岡田茂)

前日計量後、山中(右)とサルダールは健闘を誓い合った (撮影・岡田茂)【拡大】

 プロボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ(13日、神戸市立中央体育館)の前日計量が12日、神戸市内で行われ、チャンピオンの山中竜也(23)=真正=は47・5キロ、挑戦者で同級3位のビック・サルダール(27)=フィリピン=は47・4キロで、ともに1度目でパスした。13日の試合会場は山中の自宅から徒歩圏内の神戸市立中央体育館。庶民派王者は愛用のママチャリで会場入りし、2度目の防衛を目指す。

 神戸市内の自宅から会場までの移動手段は何と自転車。くっきりと浮かび上がる腹筋を誇示して計量をクリアした山中がサラリと口にした。

 「自転車なら10分くらい。近かったらそうするでしょう」

 世界王者になった今も2Kのアパート暮らし。ぜいたくとは無縁の庶民派にとって、おそらく世界戦では史上初の“自転車出勤”も、驚く周囲の方が不思議だった。

 計量は47・5キロでパス。夜は母・理恵さん(47)が作ってくれた鶏肉、豚肉、牛肉がたっぷり入った特製鍋を食べて充電した。理恵さんは大阪・堺市の実家から減量期間中の間、食事の世話をする。

 「お母さんのためにも頑張りたい」

 帰りも当然、ママチャリ。ベルトを片手にスイスイと自宅に帰る。V2プランに“パンク”はない。 (臼杵孝志)

挑戦者のビック・サルダール「食事ができるのがすごくうれしい。きょうのディナーはチキン。明日は必ず自分が勝つ」

  • 前日計量後の取材で水分を補給する山中竜也=神戸ポートピアホテル(撮影・岡田茂)
  • 前日計量を行いポーズを作る山中竜也(右)とビック・サルダール=神戸ポートピアホテル(撮影・岡田茂)
  • プロボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ