2018.7.12 21:57

四大大会全制覇懸かっていた国枝、まさかの1回戦敗退 車いすの部/ウィンブルドン

四大大会全制覇懸かっていた国枝、まさかの1回戦敗退 車いすの部/ウィンブルドン

特集:
全英オープン

 テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕し、男子シングルス1回戦で初優勝を目指した第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)はグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)に4-6、6-3、5-7で敗れた。国枝は現行の四大大会で全豪オープン、全仏オープン、全米オープンを既に制しており、ウィンブルドンに全制覇が懸かっていた。(共同)

国枝慎吾の話「芝ではもっとパワーが必要。攻略法を検証しなければいけない。ウィンブルドンは大きな壁。勝ちたいというモチベーションを駆り立てられる」