2018.7.11 11:30

松岡修造、芝に自信がない錦織を諭す「最も向いているコート」/ウィンブルドン

松岡修造、芝に自信がない錦織を諭す「最も向いているコート」/ウィンブルドン

特集:
全英オープン
錦織圭
松岡修造

松岡修造【拡大】

 テニスのウィンブルドン選手権は、11日午後1時(日本時間午後9時)からの男子シングルス準々決勝で、第24シードの錦織圭(28)=日清食品=が元世界ランキング1位の難敵ノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=とセンターコートで対戦する。通算2勝13敗と相性は悪いが、芝コートでは初対決となる。

 1968年のオープン化以降、シングルスの日本男子で初めてウィンブルドンの準々決勝に進んだ松岡修造氏(50)は10日、自身の公式サイトで錦織にエールを送った。「ウィンブルドンベスト8は僕の第2の人生の夢へと繋げてくれた宝物で、その夢とは僕の記録を破る選手を育てる事でした。その夢は錦織圭という選手によって叶えられていきました」と感謝した。

 以前「どうしても自信がない…自分のテニスができない…」と話した錦織に対し、松岡氏は「圭にとってウィンブルドンは最も向いているコートだと僕は思っている。最初のグランドスラムを制するのはウィンブルドンではないか。リズムが合えば、誰にもできない芝でのテニスができる。その時が来るまで信じ続けてプレイしてほしい!圭ならできる!」と諭したという。

 「そのテニスがやっと圭のもとにやってきた!芝をまさに自分の庭のように制した錦織選手。しかし、まだウィンブルドンの夢は続いている。さあ圭、今まで芝に苦しまされてきた分、おもいっきりウィンブルドンの芝で暴れてくれ。圭が目指すのはただ1つ、頂点のみだ!」と、同種目の日本勢で1933年大会4強の佐藤次郎以来、85年ぶりとなる準決勝進出に期待を寄せた。