2018.7.9 05:03(1/3ページ)

栃ノ心、大関1勝!勢の愛のチカラ寄り切った/名古屋場所

栃ノ心、大関1勝!勢の愛のチカラ寄り切った/名古屋場所

「大関」としての初日を快勝した栃ノ心(右)。婚約を発表したばかりの勢を圧倒した

「大関」としての初日を快勝した栃ノ心(右)。婚約を発表したばかりの勢を圧倒した【拡大】

 大相撲名古屋場所初日(8日、ドルフィンズアリーナ、観衆=7629)新大関栃ノ心(30)は平幕勢(31)を十分の右四つに組み止めて寄り切り。白星発進した。自身初の3場所連続優勝を狙う横綱鶴竜(32)は小結松鳳山(34)を突き出し、4場所ぶりの賜杯を狙う横綱白鵬(33)は小結玉鷲(33)をすくい投げで退けた。ともにかど番の2大関は明暗。高安(28)は琴奨菊(34)を突き落としたが、豪栄道(32)は正代(26)に送り出された。

【続きを読む】

  • 笑顔で引き上げる栃ノ心
  • 御嶽海が押し出しで阿炎を下す=ドルフィンズアリーナ(撮影・中島信生)
  • 遠藤が寄り切りで嘉風を下す=ドルフィンズアリーナ
  • 高安が突き落としで琴奨菊を下す=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)
  • 正代が送り出しで豪栄道を下す=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)
  • 白鵬がすくい投げで玉鷲を下す=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)
  • 鶴竜が突き出しで松鳳山を下す=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)
  • 寄り切りで勢を下す栃ノ心=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)
  • 押し出しで阿炎に勝った御嶽海=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)
  • 土俵入りをする鶴竜=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)
  • 初日、日本相撲協会挨拶で挨拶をする八角理事長(中央前)、白鵬(右前)、鶴竜(左前)、栃ノ心(中央後)ら=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡)