2018.7.9 14:38(2/2ページ)

村上佳菜子、練習を邪魔してでも「勝ちたかった」美女スケーターの存在明かす

村上佳菜子、練習を邪魔してでも「勝ちたかった」美女スケーターの存在明かす

村上佳菜子

村上佳菜子【拡大】

 友季子さんは、急成長をした村上が“ポスト浅田真央”と呼ばれ、五輪での活躍が期待されるようになり、「(浅田姉妹は)天才肌。妹は天才とは違う。すごい緊張するタイプだし、すごい繊細な感じなので。プレッシャーに負けちゃうんじゃないか」と心配していたという。実際に極度のスランプに陥った村上に、友季子さんは“自分らしく踊ってらっしゃい”といった内容のメッセージを送ったと明かした。そのメッセージが、村上をプレッシャーから解き放ち、徐々に調子を取り戻して五輪の舞台に上がる支えになった。

 五輪で演技をする村上には「よくここまで頑張ってきたね。辛いことも楽しいことも、いっぱい乗り越えて頑張ってきたってすごいな、尊敬するな。ずっと苦しんできて、最後の最後に」と当時を思い出しながら、涙を浮かべて語った。

 友季子さんにとって村上は「私の中で一番信頼できる存在だし、一番大切な人」だという。今でもけんかをすることもあるといった姉妹仲も明かしていた。

 村上は憧れだった姉の告白に「すごい大切に思っていてくれたんだな、って初めて知りました」と感謝。「私がお姉ちゃんからスケートを遠ざけた、という思いもあったので、申し訳ないな、って気持ちがあったけど、私もお姉ちゃんはすごい大切な人だなって思うんです」と感激した。しかし、「今日も朝、けんかしてきました」と最後にぶっちゃけ、スタジオの笑いを誘っていた。