2018.7.9 17:52

山中竜也「順調にきている」サルダール戦に向け抱負語る

山中竜也「順調にきている」サルダール戦に向け抱負語る

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級チャンピオンの山中竜也(真正)が9日、同級3位のビック・サルダール(フィリピン)の挑戦を受ける2度目の防衛戦(13日・神戸市立中央体育館)に向けた練習を公開し「順調にきていると思うので、ここでしっかり勝って自信をつけたい」と抱負を語った。

 山中はシャドーボクシングなどで汗を流した後、山下正人会長とスパーリングに臨み、持ち味の切れのあるフットワークから鋭いパンチを次々に繰り出した。23歳の王者は今年3月に初防衛に成功。「この先ずっと勝っていけるような勝ち方をしたい」と話し、長期の王座維持へ、結果とともに内容にもこだわる姿勢を示した。

 8日に来日した挑戦者のサルダールも山中に先立って練習を公開した。トレーナーとのスパーリングやストレッチで調整し、終始リラックスした表情で軽快な動きを見せ「充実した練習ができているし、コンディションもいい。成果はリングの上で見せる」と、タイトル奪取への意気みを語った。