2018.7.8 18:56

リオ・パラリンピックメダリスト3人が出場/陸上

リオ・パラリンピックメダリスト3人が出場/陸上

 障害者陸上のジャパンパラ大会最終日は8日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で行われ、男子走り幅跳びの切断などT63クラスで、リオデジャネイロ大会銀メダルの山本篤(新日本住設)は6メートル41で2位だった。

 リオデジャネイロ大会のメダリスト3人がそろった走り幅跳び(切断などT63)で日本の第一人者、山本は2位。リオ大会銅メダルのワグナー(デンマーク)と同じ6メートル41を跳んだが、2番目の記録で競り負けた。

 左肩の故障で出場を見送る予定だったが、国際舞台で競い合ったライバルの来日に発奮し、当日の朝に出場を決めた。「楽しくみんなで盛り上げられた」と笑みが絶えなかった。