2018.7.4 17:22

女子代表監督に飯塚氏 ソチ五輪指揮官が再登板/アイスホッケー

女子代表監督に飯塚氏 ソチ五輪指揮官が再登板/アイスホッケー

特集:
平昌五輪

 日本アイスホッケー連盟は4日、2022年北京冬季五輪に向けた女子の日本代表監督に14年ソチ五輪で指揮を執った飯塚祐司氏(44)が復帰すると発表した。2勝して6位となった今年の平昌五輪は山中武司前監督のもと、コーチとして参加した。

 新チームの始動となる9日からの合宿に参加する代表候補メンバーの32選手も発表し、平昌五輪代表はDF床亜矢可(西武)やFW大沢ちほ、浮田留衣(ダイシン)ら13人が名を連ねた。14歳のGK佐々木玲果(トヨタシグナス)や16歳のFW鈴木花歩(ダイシン)ら10代の選手が14人を占めた。