2018.7.2 18:54

デュエットに吉田を起用 中牧は引退へ/アーティス

デュエットに吉田を起用 中牧は引退へ/アーティス

アーティスティックスイミングの日本代表で乾友紀子(右)とデュエットを組むことになった吉田萌=東京都北区の国立スポーツ科学センター

アーティスティックスイミングの日本代表で乾友紀子(右)とデュエットを組むことになった吉田萌=東京都北区の国立スポーツ科学センター【拡大】

 今夏のジャカルタ・アジア大会に出場するアーティスティックスイミング(AS)の日本代表で、23歳の吉田萌(ザ・クラブピア88)がエースの乾友紀子(井村ク)とデュエットを組むことになった。2日、井村雅代ヘッドコーチ(HC)が明らかにした。昨年から乾と組んでいた中牧佳南(井村ク)は日本代表を離れ、引退する意向。

 井村HCは今年初代表の吉田の抜てきについて「音の取り方がうまく、細かい動きができる。体形も乾に近く、世界に出しても恥ずかしくないスタイル」と説明した。吉田は「驚いたが、目標にはしていた。もっと高さを出せるようにしたい」と笑顔で語った。

 この日はチームのメンバーも含め、東京都内での合宿を報道陣に公開した。2020年東京五輪に向け、乾は「またここからスタートと思ってやっている。しっかり前を向いて、上を目指していける」と意欲的だった。

  • アーティスティックスイミングの日本代表で乾友紀子(右)とデュエットを組むことになった吉田萌=東京都北区の国立スポーツ科学センター
  • アーティスティックスイミングの日本代表で乾友紀子(手前)とデュエットの練習に励む吉田萌=国立スポーツ科学センター