2018.7.2 05:02(1/2ページ)

白井、床6連覇!自画自賛「片手で収まらない男」/体操

白井、床6連覇!自画自賛「片手で収まらない男」/体操

床運動で6連覇を達成した白井。「6」のポーズで喜びを示した (撮影・納冨康)

床運動で6連覇を達成した白井。「6」のポーズで喜びを示した (撮影・納冨康)【拡大】

 体操・全日本種目別選手権最終日(1日、群馬・高崎アリーナ)男女計10種目の決勝を行い、男子床運動で世界王者の白井健三(21)=日体大=が15・400点で6連覇を果たした。白井に次ぐ2位に入った谷川航(21)=順大、平行棒で2連覇の田中佑典(28)=コナミスポーツ、あん馬で3位の萱和磨(21)=順大=が世界選手権代表に選ばれた。既に決まっていた内村航平(29)=リンガーハット=と白井を合わせて男子代表5人が固まった。

【続きを読む】