2018.6.28 18:00

トロロッソ・ホンダのガスリー&ハートレーがオーストリアGPへ意気込み/F1

トロロッソ・ホンダのガスリー&ハートレーがオーストリアGPへ意気込み/F1

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー【拡大】

 F1世界選手権第9戦オーストリアGP(7月1日決勝、レッドブルリンク=1周4・318キロ)トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(22)=フランス=とブレンドン・ハートレー(28)=ニュージーランド=が、来月1日決勝の第9戦オーストリアGPへ向けて意気込みを語った。

 先週末に行われた母国開催のフランスGPでスタート直後のアクシデントによりリタイアしたガスリー。「今週末は先週の自分のホームレースに続いてチームのホームレースになるね。(トロロッソは)イタリアのチームだけれど、オーストリアのレッドブルチームの一員でもあるからね」と話す。

 下位カテゴリー時代に2、3度表彰台経験があるというが、「GP2時代には凄い応援を受けたことを覚えているよ。だから今回はF1ドライバーとしてそれを体験できることをとても楽しみにしているんだ」とし、続けて「ここで良い成績を残せるようにしたいから、自分たちに競争力があるように期待しているよ」と意気込んだ。

 一方、前戦をPU交換によるペナルティーで、最後尾スタートから粘りの走りで14位完走したハートレーは、世界耐久選手権(WEC)時代にLMP2クラスで走行経験があり、「とても楽しめたコースだったよ」と振り返る。さらに「子供のころに遊んでいたコンピューターゲームでは、なぜだかいつもこのサーキットで遊んでいたんだ」と自身にとっては馴染みあるコースだという。

 本番に向けては「一周が短いけれど腕が試されるコースだね」とハートレー。「ここでは正確なブレーキングが重要になる。ブレーキングによりすべてのコーナーと、その立ち上がりに関わるしね」と話すと、「難しいところも2、3個あるんだよ。その中でもターン5だね」と分析した。