2018.6.26 09:00(3/3ページ)

小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!? ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手

小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!? ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手

特集:
小林可夢偉
小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!? ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手

小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!? ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手【拡大】

 ●レース中、タイム差を教えてくれないんです(小林)

 さて、気になるのは今年優勝できた理由。去年とはいったい何が違ったのでしょう。

 「去年から何が違うのかというと、縁石に乗ると僕らすごく怒られます。練習中から縁石に乗らない練習をしました。あと8号車とのタイム差やどこにいるのかを走行中に一回も教えてくれませんでした。最後に一貴と一緒にチェッカーを合わせる時だけに教えてくれただけでした。だからレースは自分との闘いでした」(小林選手)。

 「最後までプッシュできる車を作ってくれたこと、何が起きてもしっかり対応できるように準備してきたことが大きな違いだと思います。最後まで集中力を切らさずに走ることができました」(中嶋選手)

 と、マシンそのものの安定性もさることながら、ドライバーに対するマネジメントも勝利の秘訣であることを披露しました。

 ●来年のル・マンも勝ちたいと思います(中嶋)

 「一回ル・マンを勝ってそれで終わりではなく、シーズンを通してチャンピオンを獲得することが目標です。そこはチームメイト同士でもガチンコで戦って、来年のル・マンも勝ちたいと思います」(中嶋選手)

 「僕はいつもと同じように、勝つことを目標に頑張りたいと思います。まずは自分たちに合う車を作って、長いシーズンを1つでも多く勝ちたいと思います」(小林選手)

 と、今後の抱負を述べて、会見は終わりました。

 FIA世界耐久選手権の次戦は、8月19日にイギリスのシルバーストーンサーキットで6時間レースが行われます。そして日本には10月14日に富士スピードウェイで第4戦の開催が決定しています。トヨタTS050ハイブリッドの活躍に期待しましょう。

  • 小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!?ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手
  • 小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!?ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手
  • 小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!?ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手
  • 小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!?ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手
  • 小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!?ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手
  • 小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!?ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手
  • 小林可夢偉が中嶋一貴に苦言!?ル・マン報告会で安堵の表情を見せた両選手