2018.6.23 16:16

池江、記録更新に自信「まだ伸びる」 日本代表が合宿公開/競泳

池江、記録更新に自信「まだ伸びる」 日本代表が合宿公開/競泳

取材に応じる池江璃花子=東京都北区

取材に応じる池江璃花子=東京都北区【拡大】

 今夏のパンパシフィック選手権(東京)やジャカルタ・アジア大会に臨む競泳の日本代表が23日、東京都内での合宿を報道陣に公開し、今月の欧州グランプリで2種目の日本記録を塗り替えた女子の池江璃花子(ルネサンス)は「まだ記録は伸びる。何が何でも速くなる」とさらなる記録更新に自信を見せた。

 同グランプリで56秒23の日本新を出した本命種目の100メートルバタフライについて「できれば今年中に55秒台を出したい」と目標を掲げた。男子100メートル平泳ぎで58秒78の日本新をマークした小関也朱篤(ミキハウス)も「58秒台前半を出す手応えはある」と語った。

 主将を務める男子の萩野公介(ブリヂストン)や瀬戸大也(ANA)、女子の大橋悠依(イトマン東進)らも精力的に泳いだ。

  • 合宿で泳ぎ込む小関也朱篤=東京都北区