2018.6.22 20:37

トロロッソ・ホンダ、母国GPのガスリーが8位 フリー走行1回目/フランスGP

トロロッソ・ホンダ、母国GPのガスリーが8位 フリー走行1回目/フランスGP

 F1世界選手権第8戦フランスGPフリー走行1回目(22日、ポール・リカール・サーキット=1周5・842キロ) トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリー(22)=フランス=が1分33秒685で8位、ブレンドン・ハートレー(28)=ニュージーランド=は1分34秒664で15位だった。

 前戦カナダGPで惜しくも入賞一歩手前の11位のガスリー。フランスは母国GPとなる。フリー走行1回目は、スーパーソフトのタイヤのみで精力的に走行。23周を走り、トップから1秒454差の8位と上々のスタートを切った。

フリー走行1回目で8位だったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー=ポール・リカール

 一方、前戦ではスタート直後にウィリアムズ・メルセデスのランス・ストロール(19)=カナダ=に追突されリタイアしたハートレーは、ガスリーと同じくスーパーソフトのタイヤのみで走行。25周を走り、トップから2秒650差の15位だった。

フリー走行1回目で15位だったトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー=ポール・リカール

 セッション終了間際にザウバーのマーカス・エリクソン(27)=スウェーデン=がスピン。壁にぶつかりマシンが炎上。赤旗でセッション中断となり、そのまま1回目のフリー走行はタイムアップとなった。

 メルセデスのルイス・ハミルトン(33)=英国=が1分32秒231でトップタイムをマーク。2番手にバルテリ・ボッタス(28)=フィンランド=が1分32秒371で入り、メルセデスが1-2となった。