2018.6.18 22:56(1/3ページ)

ルマン24時間初制覇のトヨタ、豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」

ルマン24時間初制覇のトヨタ、豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」

ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」

ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」【拡大】

 6/16~17にフランスのル・マン、サルトサーキットで開催された第86回ル・マン24時間耐久レースに出場したTOYOTA GAZOO RACING のTS-050ハイブリッド8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ)は、388周を周回しトップでチェッカーを受けた。同チームの7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)が386周で2位に入り、日本車初の1-2フィニッシュを飾った。

 中嶋選手は2012年より、ル・マン24時間とWECに参戦開始。2014年にシリーズタイトルを獲得したが、ル・マン24時間では2014,16年の過去に2度もトップ走行中にマシントラブルでリタイアをした経験があり、特に2016年は残り5分を切ってのリタイアという2度のハードラックに遭遇している。そして今年F1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソが加入し、緒戦スパ・フランコルシャン6時間に優勝していた。

 今年のWECはポルシェが撤退した事で、シリーズ最高クラスLMP1(ルマンプロトタイプ1)に参戦する自動車メーカーはトヨタだけとなった。2018年も継続参戦を表明、し勝って当たり前と思われがちだった中でトヨタは昨年末で空力開発を凍結、オーガナイザーによる性能調整も受け入れる事とした。現在は空力性能が大きな影響を占める最高速ではプライベーターのレべリオンに後れを取るなど、12kmのうち6km(2km×3)と直線の占める割合の大きなサルトサーキット(ルマン)では性能調整如何によっては苦戦も予想された。

 3人のワールドチャンピオン(中嶋:WEC/ブエミ:フォーミュラーE/アロンソ:F-1)を揃えた8号車はポールポジションからスタート。

 時折7号車と順位を入れ替えながら、タイヤのスローパンクチャーなど幾度かのトラブルも乗り越えて走行を続けた。最終スティントは中嶋選手が担当、無事チェッカーフラッグを受けた。

 中嶋選手は日本人3人目、日本車に乗車した日本人としての初勝利を飾った。トヨタは1985年にTOMSをサポートする形で参戦を開始。途中幾度かの休止を挟みながら初参戦から33年目、19回目の挑戦で栄冠を手にした。

【続きを読む】

  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」
  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」
  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」
  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」
  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」
  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」
  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」
  • ルマン24時間初制覇でトヨタ・豊田章男社長が声明を発表「思いっきり走ってくれてありがとう!」