2018.6.18 05:03(4/4ページ)

トヨタが悲願のルマン制覇!中嶋一貴V、可夢偉らの7号車とワンツー/自動車

トヨタが悲願のルマン制覇!中嶋一貴V、可夢偉らの7号車とワンツー/自動車

特集:
小林可夢偉
第86回ルマン24時間決勝・上位成績

第86回ルマン24時間決勝・上位成績【拡大】

★マツダの1991年優勝VTR

 技術規定の移行期でロータリーエンジンが認められる最終年だった1991年、マツダは3台体制で出場。55号車のフォルカー・バイドラー(ドイツ)ジョニー・ハーバート(英国)ベルトラン・ガショー(ベルギー)組が12番手からスタートした。メルセデス・ベンツ勢とジャガー勢が首位を争う中、55号車は軽量と低燃費を生かして順位を上げた。12時間を経過する前にジャガー勢を抜いて3位に。21時間過ぎに首位に立った55号車は、ペースを落とさず、そのままチェッカーフラッグを受けた。

中嶋 一貴(なかじま・かずき)

 1985(昭和60)年1月11日生まれ、33歳。愛知・岡崎市出身。全日本F3は2004年に年間5位、05年は2位。06年は欧州F3で7位。07年はF1直下のGP2で5位、最優秀新人。07~09年にウィリアムズ・トヨタからF1に36戦出場、最高は6位。国内最高峰のスーパーフォーミュラ(前身大会を含む)で2度の王座。12年から世界耐久選手権にトヨタから参戦。父は日本初のF1レギュラードライバー、悟氏。1メートル75、65キロ。

ルマン24時間

 フランス西部のルマンで行われる伝統の自動車耐久レース。F1のモナコ・グランプリ、インディカー・シリーズのインディアナポリス500マイル(インディ500)と並び、世界三大レースの一つと称される。1923年に始まり、第2次世界大戦などによる中断を挟み、今年で86回目。公道部分と常設サーキットを組み合わせた1周約13.6キロの特設コースをドライバーが交代しながら24時間走る。過去の最多優勝はポルシェの19度。ドライバーはトム・クリステンセン(デンマーク)の9度。2012年に始まった世界耐久選手権(WEC)に組み込まれている。

  • 初優勝を喜ぶ(左から)アロンソ、中嶋、ブエミ。圧勝だった(AP)
  • 過酷な24時間を走り抜き、初優勝したトヨタ8号車。栄光のチェッカーフラッグを受けた。左は2位の7号車(AP)
  • 16年6月20日サンケイスポーツ最終版
  • 自動車耐久レースの第86回ルマン24時間で初優勝し、喜ぶ中嶋一貴(中央)らトヨタ8号車のドライバー=フランス西部ルマン(AP)
  • 自動車耐久レースの第86回ルマン24時間で初優勝し、祝福されるトヨタ8号車とドライバーたち=フランス西部ルマン(AP)
  • 自動車耐久レースの第86回ルマン24時間で初優勝し、日の丸を掲げ喜ぶ中嶋一貴(中央)とトヨタ8号車のドライバーたち=フランス西部ルマン(ゲッティ=共同)
  • ルマン24時間を制したトヨタの8号車=ルマン
  • ルマン24時間初優勝を果たしたトヨタのフェルナンド・アロンソ=ルマン
  • ルマン24時間の決勝で走行するトヨタ7号車=ルマン(AP)
  • ルマン24時間の決勝で、出番を待つトヨタ8号車の中嶋一貴=ルマン(AP)
  • ルマン24時間の決勝で走行するトヨタ8号車=ルマン(ゲッティ=共同)