2018.6.17 22:16

中嶋一貴「みんなのことを誇りに思う」 日の丸揺らしアロンソ&ブエミとウイニングラン/自動車

中嶋一貴「みんなのことを誇りに思う」 日の丸揺らしアロンソ&ブエミとウイニングラン/自動車

ルマン24時間の決勝で、出番を待つトヨタ8号車の中嶋一貴=ルマン(AP)

ルマン24時間の決勝で、出番を待つトヨタ8号車の中嶋一貴=ルマン(AP)【拡大】

 第86回ルマン24時間決勝(17日、ルマン・サルテ・サーキット=1周13・626キロ)伝統の自動車耐久レースが行われ、最高峰のLMP1クラスの予選でポールポジション(PP)を獲得したトヨタは、F1シリーズで総合王者に輝いたフェルナンド・アロンソ(36)=スペイン、中嶋一貴(33)らの8号車が388周で初優勝を飾り、日本メーカーとして1991年のマツダ以来、2度目の頂点に立った。小林可夢偉(31)らの7号車が2周遅れの2位に入り、ワンツーフィニッシュを果たした。

 中嶋は「みんなのことを誇りに思う。素晴らしい仕事をしてくれた。しかもワンツー(フィニッシュ)だ!」と喜びを爆発させた。フィニッシュラインで待ち構えたアロンソとセバスチャン・ブエミ(29)=スイス=を車体に乗せ、日の丸を揺らし歓喜のウイニングランを行った。

  • ルマン24時間の決勝で走行するトヨタ7号車=ルマン(AP)
  • ルマン24時間を制したトヨタの8号車=ルマン