2018.6.11 09:51

【一問一答】穂積&二宮組、四大大会初の準V!二宮「ダブルス極めようかな」/全仏テニス

【一問一答】

穂積&二宮組、四大大会初の準V!二宮「ダブルス極めようかな」/全仏テニス

特集:
全仏オープン
女子ダブルスで準優勝となった穂積(右)、二宮組=パリ(共同)

女子ダブルスで準優勝となった穂積(右)、二宮組=パリ(共同)【拡大】

 テニス・全仏オープン最終日(10日、パリ)女子複決勝で穂積絵莉(24)、二宮真琴(24)=橋本総業=組が、第6シードのバルボラ・クレイチコバ(22)、カテリナ・シニアコバ(22)組(チェコ)に3-6、3-6で敗れた。四大大会初の準優勝の穂積、二宮組は穏やかな表情で報道陣の質問に答えた。(共同)

 --準決勝までと違い、早いタイミングでミスが出た。

 穂積「自分の感じていないところで、決勝という舞台で勝ちたい気持ちが少し硬さにつながったのかな」

 二宮「いつもより遅いペースで試合をされて、ロブも打ちづらかった。相手の球のスピン量がすごかったので相手に崩されたのはある」

 --今後、経験をどう生かすか。

 穂積「(準々決勝で倒した)第1シードとやったときにシングルスのトップでやっている人たちとストロークで打ち合えたことは自信になった。シングルスでもしっかり打っていけば世界でも通用すると感じた」

 --四大大会のタイトルを取れる可能性は。

 二宮「(昨年の)ウィンブルドン選手権でベスト4に入ったときは、たまたまかなという思いもあった。でも、今回は決勝まで来られてちゃんとやればできると思ったし、この結果でダブルスを極めようかなという思いも強くなった」

試合結果へ

  • 女子ダブルス決勝でプレーする穂積(右)、二宮組=パリ(共同)
  • 女子ダブルス決勝で、ポイントを奪いガッツポーズする穂積(左)、二宮組=パリ(共同)
  • 女子ダブルス決勝で、声を掛け合う穂積(左)、二宮組=パリ(共同)
  • 女子ダブルス決勝で敗れ肩を落とす穂積(右)、二宮組=パリ(共同)
  • 女子ダブルス決勝でクレイチコバ、シニアコバ組に敗れ握手を交わす穂積(右端)、二宮組=パリ(共同)