2018.6.11 09:01

桐生破ったタフティアン、9秒台に意欲/陸上

桐生破ったタフティアン、9秒台に意欲/陸上

 陸上・ダイヤモンドリーグ(DL)第6戦ストックホルム大会(10日、ストックホルム)男子100メートルで桐生に勝った25歳のタフティアンは、自己ベストに0秒03と迫る10秒07をマーク。「大きな目標は10秒を切ることだ」と9秒台に意欲を示した。

 号砲への反応時間は0秒143で、全体トップだった桐生の0秒124には劣ったが、滑らかに加速した。200メートルも合わせた短距離2種目で夏のジャカルタ・アジア大会にピークを持っていく考えで「まだシーズンは始まったばかり。練習時間はたっぷりある」と話した。(共同)