2018.6.10 17:32

張本、先にマッチポイント握られるも驚異の逆転劇!「たくさんの人に恩返しできてうれしい」/卓球

張本、先にマッチポイント握られるも驚異の逆転劇!「たくさんの人に恩返しできてうれしい」/卓球

特集:
張本智和
男子シングルス決勝 優勝が決まり、横たわる張本智和=北九州市立総合体育館(撮影・松永渉平)

男子シングルス決勝 優勝が決まり、横たわる張本智和=北九州市立総合体育館(撮影・松永渉平)【拡大】

 卓球・荻村杯ジャパン・オープン最終日(10日、北九州市立総合体育館)男子シングルス決勝で、14歳の張本智和(エリートアカデミー)が、ロンドン五輪金メダルの張継科(30)=中国=に4-3(9-11、8-11、11-9、11-4、10-12、11-7、13-11)で逆転勝ちし、初優勝を飾った。女子は伊藤美誠(17)=スターツ=が制しており、男女アベック優勝となった。

 勝利の瞬間、雄たけびをあげ床に突っ伏した。運命の第7ゲーム、先にマッチポイントを握られた張本だったが、驚異の粘りで逆転。「シニアの部で優勝できて、たくさんの人に恩返しできてうれしい。第7ゲーム、11-11から2点がとても大きかった」と冷静に振り返った。

  • 男子シングルス決勝第7ゲームで10-10に追いつき、吠える張本智和=北九州市立総合体育館(撮影・松永渉平)
  • 男子シングルス決勝優勝した張本智和=北九州市立総合体育館(撮影・松永渉平)
  • 男子シングルスで優勝した張本智和=北九州市立総合体育館
  • 男子シングルス表彰式優勝した張本智和=北九州市立総合体育館(撮影・松永渉平)