2018.6.10 18:55

南北チーム中止に困惑も 井上監督ら日本代表首脳陣/柔道

南北チーム中止に困惑も 井上監督ら日本代表首脳陣/柔道

 柔道の東アジア選手権(ウランバートル)で韓国と北朝鮮による南北合同チームの結成が急きょ中止となり、日本男子の井上康生監督は10日、「国同士の話し合いで決めた結果なら仕方がない」と感想を述べた。

 福岡県内で開催中の大会で語った。9日には結成に理解を示していただけに、突然のキャンセルには困惑気味。井上監督は詳細を把握していないと前置きした上で「政治的な流れで選手たちが振り回されるならば、かわいそう」と話した。

 合同チーム結成中止は北朝鮮側からの申し出とされている。全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は「こんな直前に変えるとは…」と複雑な表情を浮かべた。