2018.6.9 09:29

ナダル、難敵にストレート勝ちで実力見せつける「素晴らしい戦術と精神力で戦えた」/全仏テニス

ナダル、難敵にストレート勝ちで実力見せつける「素晴らしい戦術と精神力で戦えた」/全仏テニス

特集:
全仏オープン
男子シングルスで決勝進出を決めたラファエル・ナダル=パリ(共同)

男子シングルスで決勝進出を決めたラファエル・ナダル=パリ(共同)【拡大】

 テニスの全仏オープン第13日は8日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝は10度制覇を誇る第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を6-4、6-1、6-2で下した。10日の決勝で四大大会初制覇を狙う第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)と戦う。

 全仏オープン10度優勝の赤土の王者、ナダルが難敵デルポトロにストレート勝ち。ブレークのピンチが6度ありながら全てしのぎ「素晴らしい戦術と精神力で戦えた」と自賛した第1セットをものにすると、尻上がりに調子を上げて実力をまざまざと見せつけた。

 過去10度たどり着いた全仏の決勝を、全て制している32歳のベテラン。決戦の相手は今季、クレーコートで唯一負けている24歳のティエムに決まり「ベストを尽くさないといけない」と気合を入れ直した。(共同)

試合結果へ

  • 男子シングルスで決勝進出を決めたラファエル・ナダル=パリ(共同)
  • 男子シングルスで決勝進出を決め、喜ぶラファエル・ナダル=パリ(共同)