2018.6.9 13:22

ウォリアーズ、チームワーク生かして圧倒 跳び上がってV2喜ぶ/NBA

ウォリアーズ、チームワーク生かして圧倒 跳び上がってV2喜ぶ/NBA

キャバリアーズ戦で抱き合うウォリアーズのデュラント(中央奥)とカリー=クリーブランド(ゲッティ=共同)

キャバリアーズ戦で抱き合うウォリアーズのデュラント(中央奥)とカリー=クリーブランド(ゲッティ=共同)【拡大】

 米プロバスケットボールの王者を決めるNBA決勝(7回戦制)第4戦は8日、クリーブランドで行われ、西カンファレンスのウォリアーズが、東のキャバリアーズを108-85で下し、4連勝として2季連続6度目の優勝を果たした。

 ウォリアーズは序盤から着実に得点を重ね、後半途中からリードを20点以上に広げ圧勝した。敵地のファンが早々とスタンドを後にする中、選手は終了のブザーと同時に跳び上がり、抱き合って2連覇を喜んだ。

 第3戦で不調だったエースのカリーが復調して37得点。さらにデュラントが相手守備に圧力をかけ、イゴダラも好守備を見せた。キャバリアーズとは4季連続で同じ顔合わせとなったが、今回はチームワークの良さを生かして圧倒し、栄冠をつかんだ。(共同)

  • 攻め込むウォリアーズのデュラント(右)とキャバリアーズのジェームズ=クリーブランド(USATODAY・ロイター=共同)