2018.6.8 08:54

ハレプ、初Vかけスティーブンスと決勝へ/全仏テニス

ハレプ、初Vかけスティーブンスと決勝へ/全仏テニス

特集:
全仏オープン
女子シングルスで決勝進出を決めたシモナ・ハレプ=パリ(共同)

女子シングルスで決勝進出を決めたシモナ・ハレプ=パリ(共同)【拡大】

 テニスの全仏オープン第12日は7日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準決勝は昨年準優勝で第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と昨年の全米オープン女王で第10シードのスローン・スティーブンス(米国)が勝ち、9日の決勝でともに初優勝を懸けて争うことになった。

 ハレプは2016年大会覇者で第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)を6-1、6-4で下し、2年連続の決勝進出。スティーブンスは第13シードのマディソン・キーズとの米国勢対決を6-4、6-4で制し、初めて決勝に進んだ。

 混合ダブルスは●(=擔のつくり)詠然(台湾)イワン・ドディグ(クロアチア)組が初制覇した。(共同)

試合日程へ

  • 女子シングルスで決勝進出を決め、喜ぶシモナ・ハレプ=パリ(共同)
  • 女子シングルスで決勝進出を決め、声援に応えるスローン・スティーブンス=パリ(共同)
  • 女子シングルスで決勝進出を決めたスローン・スティーブンス=パリ(共同)