2018.6.7 22:59

デルポトロ、涙の4強「言葉にならない。とてもうれしい」/全仏テニス

デルポトロ、涙の4強「言葉にならない。とてもうれしい」/全仏テニス

特集:
全仏オープン
男子シングルス準々決勝でマリン・チリッチとの熱戦を制し、顔に水をかけるフアンマルティン・デルポトロ=パリ(共同)

男子シングルス準々決勝でマリン・チリッチとの熱戦を制し、顔に水をかけるフアンマルティン・デルポトロ=パリ(共同)【拡大】

 テニスの全仏オープン第12日は7日、パリのローランギャロスで行われ、前日に試合途中で雨天順延となった男子シングルス準々決勝で、第5シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を7-6、5-7、6-3、7-5で破り、9年ぶりのベスト4入りを果たした。

 男子シングルスでデルポトロは2009年大会以来の準決勝進出に涙があふれ出た。長年、手首の痛みに苦しんだ末に過去最高に並ぶ4強入りとカムバックし「言葉にならない。とてもうれしい」と声を震わせながら話し、観客から祝福の拍手を浴びた。

 過去10勝2敗と相性のいいチリッチとの顔合わせ。ミスの数で相手の74に対し、半分以下の36とショットの精度の高さで上回った。次は赤土の王者ナダル戦。「勝てるか分からないが、みんながやりたいと思うチャレンジだ」と前を向いた。(共同)

  • 男子シングルス準々決勝でマリン・チリッチと対戦するフアンマルティン・デルポトロ=パリ(共同)
  • 男子シングルス準々決勝でマリン・チリッチを破ったフアンマルティン・デルポトロ=パリ(共同)