2018.6.7 21:44

上地、無難に滑り出す「ポイントをしっかり重ねられた」/全仏テニス

上地、無難に滑り出す「ポイントをしっかり重ねられた」/全仏テニス

特集:
全仏オープン

 テニスの全仏オープン車いすの部は7日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス1回戦で2連覇を狙う第1シードの上地結衣(エイベックス)がシャルロット・ファマン(フランス)を6-1、6-2で退け、4強入りを果たした。

 車いすの部女子シングルスで上地は、従来より1キロ軽いマグネシウム製の車いすで臨んだ初の四大大会。2連覇に向けて無難に滑り出し「ショットの感覚や動き方はまだしっくりきていない部分があったが、ポイントをしっかり重ねられた」とうなずいた。

 車いすを軽くしたことでスピードが出やすくなる一方、コントロールに苦しむという。アニク・ファンクート(オランダ)との準決勝を見据え「しっかり取り切れたらチャンスはある」と意気込んだ。(共同)