2018.6.8 00:17

ハレプが2年連続決勝へ ナダル、デルポトロが4強/全仏テニス

ハレプが2年連続決勝へ ナダル、デルポトロが4強/全仏テニス

特集:
全仏オープン
男子シングルス準々決勝でディエゴ・シュウォーツマンと対戦するラファエル・ナダル=パリ(共同)

男子シングルス準々決勝でディエゴ・シュウォーツマンと対戦するラファエル・ナダル=パリ(共同)【拡大】

 テニスの全仏オープン第12日は7日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準決勝は昨年準優勝の第1シード、シモナ・ハレプ(ルーマニア)が2016年大会覇者で第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)を6-1、6-4で退け、2年連続で決勝に進出した。

 前日に試合途中で雨天順延となった男子シングルス準々決勝は11度目の優勝を目指す第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第5シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が勝ち、準決勝で対戦することになった。

 ナダルは第11シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を4-6、6-3、6-2、6-2で下し、2年連続のベスト4。デルポトロは第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を7-6、5-7、6-3、7-5で破り、9年ぶりに4強入りした。

 混合ダブルスはセン詠然(台湾)イワン・ドディグ(クロアチア)組が初優勝した。(共同)

  • 男子シングルス準々決勝でラファエル・ナダルと対戦するディエゴ・シュウォーツマン=パリ(共同)
  • 男子シングルス準々決勝でフアンマルティン・デルポトロと対戦するマリン・チリッチ=パリ(共同)
  • 男子シングルス準々決勝でマリン・チリッチと対戦するフアンマルティン・デルポトロ=パリ(共同)