2018.5.31 20:58

20年日本選手権は大阪で開催 混成競技も同時に実施/陸上

20年日本選手権は大阪で開催 混成競技も同時に実施/陸上

 日本陸連は31日、東京都内で理事会を開き、2020年の日本選手権を6月25~28日に大阪市のヤンマースタジアム長居で開催することを決めた。現在は別に同選手権を行っている十種競技、七種競技も同時に実施する。

 また、19年世界選手権(9~10月、ドーハ)のマラソン、競歩の代表選考会を決定。マラソンの男子は福岡国際、東京、びわ湖毎日、別府大分毎日、北海道、女子はさいたま国際、大阪国際、名古屋ウィメンズ、北海道、競歩は今夏のジャカルタ・アジア大会や来年の日本選手権などが指定された。具体的な選考要項は6月の理事会で承認される見込み。

 マラソンに関して19年世界選手権は、東京五輪代表選考会の「グランドチャンピオンシップ」と時期が近接する見込みで、五輪を見据える選手は出場しないことが想定される。