2018.5.22 21:53

日大、意図的な指示また否定 コーチの言葉は「誤解を招いたとすれば言葉足らず」/アメフット

日大、意図的な指示また否定 コーチの言葉は「誤解を招いたとすれば言葉足らず」/アメフット

特集:
アメフット
けがを負わせた相手選手らに謝罪し、頭を下げる日大アメリカンフットボール部・宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)

けがを負わせた相手選手らに謝罪し、頭を下げる日大アメリカンフットボール部・宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)【拡大】

 日本大広報部は22日、アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が記者会見を行ったことを受け「コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったことは事実。ただ、これはゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味」と説明し、意図的な指示ではないことをあらためて主張した。

 会見では「(宮川選手から)監督が違反プレーを指示したという発言はなかった」と指摘。コーチの言葉には「誤解を招いたとすれば言葉足らずであったと心苦しく思います」と説明した。

 関学大の抗議文に対する15日付の回答書で「指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質と認識」と意図的な反則ではないとしており、従来の主張を踏襲した。

 日大は22日に東京都千代田区の大学本部で評議員会を開催したが、広報部は内容を明らかにしなかった。

  • 会見に臨む日本大学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)
  • 会見に臨む日本大学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)