2018.5.22 15:21

日大の宮川選手「指示あった。定期戦がなくなってもいい。つぶしたら有利」/アメフット

日大の宮川選手「指示あった。定期戦がなくなってもいい。つぶしたら有利」/アメフット

特集:
アメフット
会見に臨む日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)

会見に臨む日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)【拡大】

 アメリカンフットボールの日大の選手が6日の定期戦で危険すぎるタックルで関学大のQBを負傷させた問題で、負傷させた日大のDL宮川泰介選手(20)が22日に東京都内で記者会見し、内田正人前監督(62)、井上コーチからの指示があったことを認めた。

 「試合に出してほしかったら、1プレー目からQBをつぶしてこい。つぶして秋のリーグ戦に出られなかったら有利だろ」と証言。また「関学大との定期戦がなくなってもいいだろう」とコーチが発言したことも明かした。

 また「けがをさせてしまった関学大のQB、家族、関係者に大きな被害と多大なる迷惑をおかけしたことを反省しております。本当に申し訳ありませんでした」と深々と謝罪した。すでにアメフット部とは別に18日にけがをさせたQB、家族に直接謝罪したことも明かした。

 会見はまず弁護士から説明があり、本人が陳述書を読み上げる形で進められた。

 会見は所属する日大の主催でなく、本人が希望して実現。氏名、顔出しについて同席の弁護士は「関学大への謝罪の意味あいが強い。顔を出さない謝罪はないだろう」と理由を説明した。氏名は会見で本人が公表した。紺色のネクタイで会見に出席した。宮川選手は日大豊山高から日大に入学した守備ライン選手で現在大学3年生。U-19日本代表に選出経験があり、1年時からレギュラー。日大豊山高-日大出身の内田前監督の高校、大学の後輩にあたる。

 日大は16日までに関学大に届けた回答書には「意図的な乱暴行為を選手へ教えることはない」と監督の指示を否定。内田前監督は関学大に謝罪した19日に空港で取材に応じ、詳しい経緯については24日をメドに関学大に再提出する回答書で応えるとして、言及を避けていた。

 関学大は会見を受け、アメフット部と大阪府警に被害届を出したQBの保護者が夕方にコメントを発表すると明らかにした。関西運動記者クラブに連絡があった。

 この問題で被害を受けた関学大は12日と17日に2度、負傷したQBの家族は21日に、そして危害を加えた日大守備選手はこの日会見を開いているが、日大側は19日に内田前監督が伊丹空港と羽田空港で囲み取材に応じただけで、正式な会見は一度も開いていない。

  • 会見に臨む日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)
  • 会見に臨む日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手=日本記者クラブ(撮影・川口良介)