2018.5.21 14:59

意地見せたウォリアーズ・カリー「自分が自分に一番期待している」/NBA

意地見せたウォリアーズ・カリー「自分が自分に一番期待している」/NBA

ロケッツ戦でシュートを放つウォリアーズのカリー(中央)=オークランド(AP)

ロケッツ戦でシュートを放つウォリアーズのカリー(中央)=オークランド(AP)【拡大】

 米プロバスケットボールNBAのプレーオフは20日、オークランドで西カンファレンス決勝(7回戦制)第3戦が行われ、昨季王者ウォリアーズがリーグ最多勝で第1シードのロケッツに126-85で大勝し、2勝1敗と白星を先行させた。カリーが35得点した。

 ウォリアーズのカー監督はプレーオフでの新記録となる本拠地16連勝に「誇りに思う」と選手をたたえた。その上で「第4戦は非常に難しいものになる」と気を引き締めた。

 敗れた第2戦で得意の3点シュートを1本しか決められず、16点にとどまったことで批判を浴びたカリーはこの日、5本の3点シュートを決めるなど意地を見せた。「自分が自分に一番期待している」と逆風に負けない心構えを説きつつ「今日は自分の仕事をした。次もまたやるだけ」と前を向いた。(共同)