2018.5.20 05:03(1/3ページ)

遠藤、休場…6日目の御嶽海で右腕筋肉を断裂/夏場所

遠藤、休場…6日目の御嶽海で右腕筋肉を断裂/夏場所

特集:
遠藤
6日目に御嶽海と顔を合わせた遠藤(左)。この取組で右腕を負傷した

6日目に御嶽海と顔を合わせた遠藤(左)。この取組で右腕を負傷した【拡大】

 大相撲夏場所7日目(19日、両国国技館、観衆=1万936)新三役、小結遠藤(27)が「右上腕二頭筋遠位部断裂で今後約3週間の加療を要する見込み。治療方針決定後に治療期間が変更になる可能性あり」との診断書を日本相撲協会へ提出して休場した。遠藤は6日目まで3勝3敗だった。師匠の追手風親方(51)=元幕内大翔山=は、手術に踏み切れば再起まで長期化する可能性も示唆。「幕下」陥落の危機も出てきた。両横綱の白鵬(33)、鶴竜(32)はともに1敗を守り、大関とりの関脇栃ノ心(30)は小結遠藤の休場により不戦勝。

【続きを読む】

  • 故障箇所
  • 遠藤の負傷歴
  • 栃ノ心は遠藤に不戦勝=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 勝ち名乗りをうけるため土俵に上がる栃ノ心=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • たくさんの懸賞が出た阿炎と豪栄道の取組=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 白鵬は寄り切りで千代大龍に勝利=両国国技館(撮影・佐藤雄彦)
  • 荒鷲は小股すくいで安美錦に勝利=両国国技館(撮影・佐藤雄彦)
  • 取り組みの前に脚を高々と上げて四股を踏み会場のファンを沸かせる阿炎=両国国技館(撮影・佐藤雄彦)
  • 大翔丸は送り出しで貴景勝に勝利土俵下は千代丸=両国国技館(撮影・山田俊介)
  • 支度部屋で記者の質問に答える鶴竜=両国国技館
  • 鶴竜につきおとしを決められ土俵下の飛ばされた豊山の左足が審判の阿武松親方の顔面にヒット=両国国技館(撮影・佐藤雄彦)
  • 支度部屋を引き上げる鶴竜(左)を見送る阿炎=両国国技館(撮影・山田俊介)