2018.5.20 05:03(2/3ページ)

17歳・畠田瞳、総合3位で初世界キップ!コーチの母は涙/体操

17歳・畠田瞳、総合3位で初世界キップ!コーチの母は涙/体操

代表候補に選ばれ、笑顔を見せる(左から)村上、寺本、畠田瞳、杉原、梶田、宮川

代表候補に選ばれ、笑顔を見せる(左から)村上、寺本、畠田瞳、杉原、梶田、宮川【拡大】

 最後の床もきっちり決め、瞳は代表候補入りを確信した。ガッツポーズで見つめた母でありコーチの友紀子さん(44)は、瞳の演技後に涙を流した。

 「すべてお母さんのおかげ。順位より代表候補に選ばれたのがうれしい。最高の気分」

 体操一家だ。1992年バルセロナ五輪男子団体総合銅メダリストで日体大男子監督を務める好章氏(46)を父に持つ。母も元ユニバーシアード代表で、妹の千愛(ちあき、13)もこの大会で9位と将来有望な選手だ。体操を始めた8歳の頃から父の好章氏に徹底的に基礎をたたき込まれた。鉄棒が得意だった父と同様に、段違い平行棒では優勝した村上を上回る全体トップの点数をマークした。

【続きを読む】

  • 体操一家の畠田瞳が輝いた。得意の段違い平行棒で全体トップだった
  • 床運動の演技後、笑顔を見せる畠田瞳。3位に入った=東京体育館
  • 畠田瞳の平均台=東京体育館
  • 平均台の演技後、ガッツポーズする畠田瞳。3位に入った=東京体育館
  • 畠田瞳の平均台=東京体育館
  • 畠田瞳の跳馬=東京体育館
  • 村上茉愛の平均台=東京体育館
  • 村上茉愛の段違い平行棒=東京体育館
  • 梶田凪の床運動=東京体育館
  • 宮川紗江の跳馬=東京体育館
  • 杉原愛子の床運動=東京体育館
  • 女子個人総合・上位成績