2018.5.16 10:00(1/5ページ)

【サンスポ×日体大】森田淳悟氏、独創性&鉄の意志/バレー

【サンスポ×日体大】

森田淳悟氏、独創性&鉄の意志/バレー

特集:
サンスポ×日体大
1972年9月3日、ミュンヘン五輪1次リーグのブラジル戦で速攻を放つ森田氏(中央)。相手のブロックはスピードについていけなかった(森田淳悟氏提供)

1972年9月3日、ミュンヘン五輪1次リーグのブラジル戦で速攻を放つ森田氏(中央)。相手のブロックはスピードについていけなかった(森田淳悟氏提供)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで、16日で800日。出身大学別最多の夏季五輪メダリスト62人を輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第7回は、バレーボールを特集する。1972年のミュンヘン五輪男子バレーボールで金メダルを獲得した日体大OBの森田淳悟氏(70)が、日本の“お家芸”の復活へ、熱く厳しく提言。自身が日体大の学生時代に考案した一人時間差を振り返って、創意工夫の重要性とともに、金メダル獲得への強い意志が必要と訴えた。 (取材構成・只木信昭)

【続きを読む】

  • 現役時代の背番号8のユニホームを手にする森田氏。お家芸復活を期待した(撮影・只木信昭)
  • 森田淳悟氏のサーブ
  • バレーボール・東京五輪までの主な国際大会
  • バレーボール・1972年ミュンヘン五輪男子日本代表