2018.5.12 05:00

貴乃花親方、審判部で“初仕事”

貴乃花親方、審判部で“初仕事”

特集:
貴乃花親方

 3月の理事会で役員待遇委員から年寄へ降格した貴乃花親方(元横綱)が11日、取組編成会議に出席し、審判部配属後の初仕事を行った。本場所中は土俵下から取組に目を光らせ、初日は序二段と十両などを担当。「以前にもやっていましたし。(相撲をみる喜びは)あります」と話した。今場所から審判部長を務める阿武松親方(元関脇益荒雄)は「緊張感をもってやります」と気を引き締め直した。2人が所属の貴乃花一門は、貴乃花親方の意向で名称を返上することが決まっている。