2018.5.7 05:02(3/4ページ)

リオ銀『リレー侍』東京金へ再結成!桐生「楽しくやった」/陸上

リオ銀『リレー侍』東京金へ再結成!桐生「楽しくやった」/陸上

陸上・リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー日本のメンバー

陸上・リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー日本のメンバー【拡大】

 金メダル獲得には「37秒50を切る必要がある」と土江氏。リオ五輪で日本は、精密なバトンパスの技術で37秒60のアジア記録を出したが、「バトンだけで0秒20削るのは難しい。個々の力を上げることが求められる」。その一方、リレーとしての強化は実戦を通して磨き上げていく考えだ。

 6月の日本選手権(山口市)でジャカルタ・アジア大会の代表が決まった後は、代表中心でダイヤモンドリーグに出場する計画。最高峰リーグのリレーに日本チームが出場するのは初だ。「ロンドン大会(7月21、22日)の出場の確認が取れた。(陸上大国の)米国かジャマイカが本気のチームで出ると聞いているので、世界選手権に匹敵する緊張感でできるのでは」と土江氏。

【続きを読む】

  • バトンパスの確認を行う飯塚(左)と桐生。少しずつ感覚を取り戻した
  • リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した(左から)山県、飯塚、桐生、ケンブリッジのリレーメンバー。誇らしげに日の丸を掲げた