2018.5.5 05:01

日本男子、6大会ぶりにメダル逃す…水谷「申し訳ない」/卓球

日本男子、6大会ぶりにメダル逃す…水谷「申し訳ない」/卓球

特集:
張本智和
男子準々決勝 韓国戦の第4試合でプレーする水谷隼=ハルムスタード(共同)

男子準々決勝 韓国戦の第4試合でプレーする水谷隼=ハルムスタード(共同)【拡大】

 卓球・世界選手権団体戦第6日(4日、スウェーデン・ハルムスタード)2年に1度行われる大会。男子の日本は準々決勝で韓国に1-3で敗れ、6大会ぶりにメダル獲得を逃した。

 韓国との激闘の末、男子の日本は準々決勝で敗れ去った。後がない第4試合。第2試合で接戦を制した水谷に託したが、踏ん張れなかった。表彰台を逃したのは、14位だった2006年ブレーメン大会以来6大会ぶり。水谷は「メダルを取れず申し訳ない」と肩を落とし、張本も「勝てなくて悔しい。どんな選手がきても勝てるようになりたい」とうなだれた。

  • 世界卓球団体戦男子決勝トーナメント組み合わせ