2018.5.3 17:25

新小結の遠藤、白鵬から手荒い祝福 何度も転がされ「いい稽古をつけてもらった」

新小結の遠藤、白鵬から手荒い祝福 何度も転がされ「いい稽古をつけてもらった」

特集:
遠藤
稽古する白鵬(左)と遠藤(右)=両国国技館(撮影・菊本和人)

稽古する白鵬(左)と遠藤(右)=両国国技館(撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲夏場所(13日初日、両国国技館)を控え、横綱審議委員会(横審)による稽古総見が3日、東京・両国国技館で一般に無料公開で行われた。

 新小結に昇進した遠藤が、白鵬から手荒い祝福を受けた。「お祝いだ」と言ってぶつかり稽古で胸を出した横綱に何度も転がされ、足元はふらふら。まげは大きく乱れて苦しそうに息をし、背中は砂で真っ黒になった。

 稽古を終え、館内から拍手を浴びた人気力士は「いい稽古をつけてもらった」と白鵬に感謝。夏場所へ「しっかり体調を整えて初日を迎えられればいい」と自らに言い聞かせるように話した。