2018.4.18 17:24

芳田、代表入りも複雑 体重別での敗退「絶対に忘れてはいけない」/柔道

芳田、代表入りも複雑 体重別での敗退「絶対に忘れてはいけない」/柔道

ラグビー女子日本代表候補との合同練習に参加した渡名喜風南(左から2人目)=味の素ナショナルトレーニングセンター

ラグビー女子日本代表候補との合同練習に参加した渡名喜風南(左から2人目)=味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 柔道の世界選手権(9月・バクー)女子日本代表は18日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでラグビー女子日本代表候補との合同練習を報道陣に公開し、世界選手権で2連覇を狙う48キロ級の渡名喜風南(パーク24)らがタックルなどラグビー特有の動きに挑戦した。

 女子57キロ級で2年連続の世界選手権代表を決めた芳田司(コマツ)は複雑な心境をのぞかせた。代表最終選考会を兼ねた8日の全日本選抜体重別選手権は準決勝で敗れただけに「もう一度出られる喜びがあるが、気持ちよく出られるわけではない」と語った。

 昨年の世界選手権で2位となり、追われる立場の重圧を感じるようになったという。研究される中で一本背負い投げなど担ぎ技に取り組んできたが、成果を示せなかった。「この(8日の)負けを絶対に忘れてはいけない」と奮起を誓った。