2018.4.10 09:00

高木美帆は目を開けたまま寝る?「本当にコンプレックスですね」/スピード

高木美帆は目を開けたまま寝る?「本当にコンプレックスですね」/スピード

スピードスケート女子の高木美帆

スピードスケート女子の高木美帆【拡大】

 平昌五輪のスピードスケート女子で金、銀、銅の3つのメダルを獲得した高木美帆(23)が9日に放送された日本テレビ系「しゃべくり007 2時間SP」(後9・0)に出演。「目を開けたまま寝る」ことがコンプレックスだと明かした。

 団体追い抜きで初の金メダルを獲得した“パシュート娘”として姉の菜那(25)、佐藤綾乃(21)、菊池彩花(30)と出演した美帆は、自身のコンプレックスを明かすコーナーで「目を開けたまま寝る」ことが「本当にコンプレックスですね」と苦笑いで告白した。

 「小学生とか中学生の時はそれイジられたら本当に怒ってました」「授業中に寝ても言われない」などと振り返った。すると菜那が、目を開けて寝ていた美帆を写メで撮ったら「泣きながら怒られました」と姉妹ならではのエピソードを披露した。「ちゃんと寝ている時もあるんですけど、疲れていたりとか、ここ寝ちゃダメだっていう時に」その状態になってしまうと解説した。特に恥ずかしいのが移動中。美帆は「帽子深くかぶったり」と対策を明かした。