2018.4.6 21:46

リオ銀の坂井、6位に「ひどい」/競泳

リオ銀の坂井、6位に「ひどい」/競泳

6位に終わった坂井聖人=東京辰巳国際水泳場

6位に終わった坂井聖人=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会(8~9月)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第4日は6日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートルバタフライは1分53秒79で初優勝した幌村尚(早大)と2位の瀬戸大也(ANA)が代表となり、坂井聖人(セイコーホールディングス)は6位だった。

 男子200メートルバタフライでリオデジャネイロ五輪銀メダルの坂井がまさかの6位に沈んだ。ラスト50メートルで大きく失速して惨敗し「ひどいっすね。現時点で(不調の)原因は分からない」と表情もうつろだった。

 100メートルまでは3番手とまずまずだったが、ターン後に「腕がパンパン。まずい」と感じたそうで、ずるずると順位を下げた。100メートルバタフライへ「200メートルのことはきれいに忘れて臨む」と気持ちの切り替えに努めた。