2018.4.5 13:04

スノボ平野歩夢、東京五輪のスケボー挑戦は未定「まだ覚悟や整理がつかず」

スノボ平野歩夢、東京五輪のスケボー挑戦は未定「まだ覚悟や整理がつかず」

ファンとの交流イベントで写真に納まる平野歩夢(左)=東京都渋谷区

ファンとの交流イベントで写真に納まる平野歩夢(左)=東京都渋谷区【拡大】

 平昌冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで、2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢(木下グループ)が5日、東京都内で行われたイベントでファンと交流し「前回のソチよりも明らかに多くの人が(五輪を)見てくれていたと感じた。今後への刺激になる」と笑顔で語った。

 五輪後も休む間もなく、練習や映像撮影で海外を回っているという。2020年東京五輪でのスケートボード挑戦については「いろんな選択をできるタイミングだと思うが、まだ覚悟や整理がつかず、はっきりとは決めていない」と話した。