2018.4.1 05:02

貴親方、春巡業帯同せず 協会側が判断…危機管理上の問題重視

貴親方、春巡業帯同せず 協会側が判断…危機管理上の問題重視

特集:
貴乃花親方
貴乃花親方

貴乃花親方【拡大】

 大相撲の貴乃花親方(45)=元横綱=が審判部異動後の初仕事となるはずだった春巡業へ、一転して帯同しないことになった。日本相撲協会関係者が31日、明らかにした。春巡業は1日に三重・伊勢市の伊勢神宮で始まる。前日30日までは、同親方も取組の勝負審判などとして参加する予定だった。

 同親方が師匠を務める貴乃花部屋では、元横綱日馬富士の傷害事件で暴行を受けた十両貴ノ岩が体の検査などを控え、同巡業を休場。付け人への暴行問題を起こした十両貴公俊(たかよしとし)は、春巡業を含め5月の夏場所の「1場所出場停止」処分を受けた。

 協会幹部によると「こうした力士を抱えている師匠が巡業へ出て、部屋を空けるのはいかがなものかという意見が出た」と、危機管理上の問題を重視。協会側の判断で参加が見送られた。途中からの合流もないという。

 貴乃花親方は3月28日の職務分担で審判部へ配属。29日には春場所での無断欠勤などを問題視されて「委員」から2階級降格処分を受け、親方の階級最下位の「年寄」となっていた。