2018.3.26 00:12

沙羅、2位に大差をつけて圧勝「ようやく上向いた」/ジャンプ

沙羅、2位に大差をつけて圧勝「ようやく上向いた」/ジャンプ

特集:
平昌五輪
高梨沙羅
最終戦を終え、記念写真に納まる高梨沙羅(中央)ら=オーベルストドルフ(共同)

最終戦を終え、記念写真に納まる高梨沙羅(中央)ら=オーベルストドルフ(共同)【拡大】

 ノルディックスキー・ワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人最終第15戦(25日、ドイツ・オーベルストドルフ、ヒルサイズ=HS106メートル)平昌五輪銅メダルで、前日に男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目を挙げた高梨沙羅(21)=クラレ=は99メートル、102・5メートルの合計250・4点で今季2勝目、歴代最多を更新する55勝目を挙げ、有終の美を飾った。

 2位のダニエラ・イラシュコ(34)=オーストリア=に11・6点の大差をつけて圧勝した高梨は、「すごくうれしい。満足している。今シーズンは厳しかった。ようやく上向いた」と笑顔だった。

  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で優勝し、歴代単独最多の通算勝利数「55」を両手でつくる高梨沙羅=オーベルストドルフ(共同)
  • 表彰式を終え、伊藤有希(左)のもとへ駆け寄る高梨沙羅=オーベルストドルフ(共同)
  • 最終戦で2回目の飛躍を終え、伊藤有希(右)と抱き合う高梨沙羅=オーベルストドルフ(共同)
  • W杯最終戦で勝利し笑顔の高梨沙羅(中央)。通算勝利数を55に伸ばした=オーベルストドルフ(共同)
  • 2回目の飛躍で着地し、笑顔を見せる高梨沙羅。今季2勝目を挙げ、通算勝利数を55に伸ばした=オーベルストドルフ(共同)
  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で優勝し、歴代単独最多の通算勝利数を55に伸ばした高梨沙羅。左は2位のダニエラ・イラシュコ、右は3位のマーレン・ルンビ=オーベルストドルフ(共同)
  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で優勝し、表彰台で笑顔の高梨沙羅。歴代単独最多の通算勝利数を55に伸ばした=オーベルストドルフ(共同)
  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で、2回目の飛躍で着地しガッツポーズする高梨沙羅。歴代単独最多の通算55勝目を挙げた=オーベルストドルフ(共同)
  • 1回目の飛躍でジャンプ台から飛び出す高梨沙羅=オーベルストドルフ(共同)
  • 高梨沙羅の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)
  • 高梨沙羅の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)
  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で、1回目の飛躍をする高梨沙羅=オーベルストドルフ(共同)