2018.3.22 21:27

予定外の鶴竜-魁聖を編成…審判部、優勝争いを重視/春場所

予定外の鶴竜-魁聖を編成…審判部、優勝争いを重視/春場所

 取組を編成する日本相撲協会審判部は22日、大相撲春場所13日目に当初は予定外の横綱鶴竜-平幕魁聖を組んだ。編成時点で全勝の鶴竜を魁聖が1差で追っており、番付面よりも優勝争いを重視。鶴竜が対戦予定だった関脇御嶽海は外された。

 12日目は鶴竜と魁聖がともに敗れ、1差は変わらなかった。割を崩す形を選択した境川審判部長代理(元小結両国)は「優勝争いが一番。お客さんは面白い取組を期待しているので魁聖をぶつけた」と説明。八角理事長(元横綱北勝海)は「優勝争いをしているわけだから当然だ。審判部が面白くすることを考えたのだろう」と述べた。

12日目結果へ13日目取組へ