2018.3.15 05:02

遠藤、豪栄道に勝利!2大関撃破/春場所

遠藤、豪栄道に勝利!2大関撃破/春場所

特集:
遠藤
遠藤が突き落としで豪栄道を下す=エディオンアリーナ大阪(撮影・二星昭子)

遠藤が突き落としで豪栄道を下す=エディオンアリーナ大阪(撮影・二星昭子)【拡大】

 大相撲春場所4日目(14日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7414)ご当地大関との対戦で、結びの一番より分厚い懸賞の束をつかんだのは東前頭筆頭の遠藤(27)だった。豪栄道(31)を破り、横綱、大関戦を全て終えて3勝1敗。新三役に向けて、いい流れを作った。

 「しっかり当たって。それだけ考えてやった」。淡々とした口調の中に満足感をにじませた。

 頭で当たると、けんか四つの豪栄道に左を差し勝つ。相手の足がそろったところを見逃さず、差し手を素早く抜いて右から突き落とした。初日の高安戦に続いて2大関撃破。「結果が出ていることをポジティブにとらえたい」と先を見据えた。

 昨年に手術した左足首などにも不安はない。師匠の追手風親方(元幕内大翔山)は「体が動いている。(悪い時のように)真っすぐ下がらない」。人気者が“荒れる春場所”の主役に名乗りを上げた。

4日目結果へ5日目取組へ