2018.3.15 05:02

暁斗が2位!総合Vへ前進 飛躍でトップも五輪王者に逆転許す/複合

暁斗が2位!総合Vへ前進 飛躍でトップも五輪王者に逆転許す/複合

特集:
平昌五輪
後半距離で力走する渡部暁斗=トロンヘイム(共同)

後半距離で力走する渡部暁斗=トロンヘイム(共同)【拡大】

 ノルディックスキー・W杯複合個人第17戦(13日、ノルウェー・トロンヘイム、前半飛躍=HS140メートル、K点124メートル、後半距離=10キロ)

 平昌五輪個人ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が2位に入った。首位を走る個人総合得点では、残り5戦で2位ヤン・シュミット(34)=ノルウェー=との差を149点に広げ、初制覇に前進した。渡部暁は前半飛躍で132メートルを飛び、139・5点の首位。後半距離(10キロ)では27秒差の4位で出た平昌五輪金のエリック・フレンツェル(29)=ドイツ=との一騎打ちで最後に競り負けた。フレンツェルは今季2勝目、通算43勝目。

 前半飛躍でトップに立ち、後半距離は最後の直線まで優勝争いを演じた。渡部暁は五輪王者フレンツェルに1秒0届かず2連勝を逃したが、今季10度目の表彰台に立った。「ドイツ勢はスキーが滑っていたから、その差くらいかな」。複合の日本勢では荻原健司の3連覇以来、23季ぶりの個人総合制覇へ、また一歩近づいた。妻で平昌五輪フリースタイルスキー女子ハーフパイプ(HP)代表の由梨恵(29)=白馬ク=が応援に訪れている。初観戦という伴侶の前で「勝つ姿を見てもらえたら最高ですね」。個人第18戦で荻原健を抜いて1シーズンの日本選手単独最多となる7勝目を狙う。

  • 後半距離で力走する山元豪=トロンヘイム(共同)