2018.3.14 09:13

ダニエル完敗…力の差認める「強かった」/テニス

ダニエル完敗…力の差認める「強かった」/テニス

男子シングルス3回戦で敗退したダニエル太郎=インディアンウェルズ(共同)

男子シングルス3回戦で敗退したダニエル太郎=インディアンウェルズ(共同)【拡大】

 テニスのBNPパリバ・オープンは13日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、男子シングルス3回戦で世界109位のダニエル太郎(エイブル)は世界47位のレオナルド・マイエル(アルゼンチン)に4-6、1-6で敗れ、16強入りはならなかった。

 ダニエルはマイエルの速い攻めと強烈なサーブに防戦になり、一度もブレークポイントを握れず完敗。「相手にほとんどミスがなかった。強かった」と素直に力の差を認めた。

 第1セットの4-5の第10ゲームでスマッシュのミスから崩れて相手に傾いた流れを止められず、第2セットも押される場面が目立った。

 それでも元世界1位のジョコビッチ(セルビア)を倒して3回戦に進めたことは自信になったようで「いい大会だったしポジティブに考えたい」と話した。(共同)

試合結果へ