2018.3.10 15:45

久光、3-0でJTに先勝 決勝第1戦/バレー

久光、3-0でJTに先勝 決勝第1戦/バレー

第1セット、スパイクを放つ久光製薬・石井=名古屋市ガイシプラザ

第1セット、スパイクを放つ久光製薬・石井=名古屋市ガイシプラザ【拡大】

 バレーボールのプレミアリーグは10日、名古屋市のガイシプラザで2試合制の決勝第1戦が行われ、女子はレギュラーシーズン21戦全勝の久光製薬が7季ぶりの優勝を狙うJTに3-0でストレート勝ちした。

 久光製薬は立ち上がりにサーブで崩して新鍋、岩坂、石井の日本代表勢らが猛然と攻めた。JTはミハイロビッチが調子を上げて第3セットで競ったが、追い付けなかった。第2戦は17日に開催される。

酒井新悟・久光製薬監督の話「JTは粘り強いチームなので、サーブで主導権を握りたいと思っていた。準備してきたことを発揮できた」

吉原知子・JT監督の話「久光さんが思うようなバレーをさせてしまった。1セット目の早い段階で、地に足がついていない状態。戦略は立ててきたが、それをうまく自分たちのチームで機能させられなかった」

  • 第2セット、ブロックを狙う久光製薬・岩坂(4)=名古屋市ガイシプラザ