2018.3.9 05:02(1/3ページ)

稀勢の里、6場所連続休場…武蔵丸以来4人目 田子ノ浦親方「治療に専念」

稀勢の里、6場所連続休場…武蔵丸以来4人目 田子ノ浦親方「治療に専念」

特集:
稀勢の里
稀勢の里の休場について説明する師匠の田子ノ浦親方(中央) (撮影・岡田茂)

稀勢の里の休場について説明する師匠の田子ノ浦親方(中央) (撮影・岡田茂)【拡大】

 大相撲春場所(11日初日、エディオンアリーナ大阪)5場所連続休場中だった横綱稀勢の里(31)が春場所を休場することが8日、決まった。昨年春場所で痛めた左胸などの回復の遅れによるもので、大阪市内の田子ノ浦部屋で師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「治療に専念させる」と説明した。年6場所制となった昭和33年以降、横綱の連続休場は貴乃花の7場所連続が最長。6場所連続休場は平成15年の武蔵丸以来で4人目となる。

【続きを読む】

  • 横綱の連続休場場所数
  • 稀勢の里の休場について話す田子の浦親方=大阪市港区(撮影・岡田茂)
  • 稀勢の里の休場について取材に応じる田子の浦親方=大阪市港区(撮影・岡田茂)
  • 朝稽古に参加した栃ノ心=春日野部屋宿舎